令和時代のトレンド情報やお役に立つ情報をまとめて紹介するポータルサイトです。気になるカテゴリーをタップしてください。

政府・政治

北里柴三郎名言集まとめ。2024年刷新千円札の人物像がわかる!

北里柴三郎名言集まとめ画像

令和時代に刷新される新紙幣千円札の顔となる北里柴三郎の名言をプロフィールと共に紹介します。新紙幣の流通は2024年度上期ごろになる予定です。

北里柴三郎のプロフィール・略歴

名前:北里 柴三郎(きたさと しばさぶろう)
生年月日:1853年1月29日
出身:肥後国阿蘇郡小国郷北里村(現・熊本県阿蘇郡小国町)
死没:1931年6月13日(78歳没)
研究分野:細菌学
出身校:東京医学校

1853年:肥後国北里村に生まれる
1866年:田中司馬の塾に入門
1869年:熊本藩の藩校時習館に入寮
1871年:熊本の古城医学所病院に入学
1875年:22歳で東京医学校に入学
1883年:松尾臣善の長女・乕と結婚
1883年:東京大学医学部卒業
1883年:内務省衛生局に奉職
1885年:ドイツ留学を命じられる
1886年:コッホ研究室に入る
1889年:世界発、破傷風菌の純粋培養に成功
1890年:世界初、血清療法を発見
:ジフテリア毒素などに対する抗血清開発
1891年:医学博士の学位を受ける
:伝染病研究所を設立
1894年:伝染病研究所を移転
:ジフテリア抗血清の製造、治療開始
:腺ペストの病原菌を共同発見
1899年:伝染病研究所が国立に移管され所長就任
1901年:第1回ノーベル生理学・医学賞の公式候補
1906年:日本連合医学会会頭。帝国学士院会員に任命
1908年:恩師コッホ夫妻を迎える
1913年:日本結核予防協会設立、副会頭に就任
1914年:文部省移管に反対し所長辞任。北里研究所設立
1915年:恩賜財団済生会芝病院設立、初代院長
1916年:大日本医師会を設立、会長就任
1917年:慶應義塾大学医学部初代学部長
1923年:日本医師会を創設。初代会長就任
1924年:男爵叙爵
1928年:医学部長を辞任、顧問就任
1931年:脳溢血のため東京の自宅で死去

北里柴三郎名言集

北里柴三郎の名言集を読むだけでも信念を貫き通す強い精神力を持った人物だということがうかがえる。国民、国家に対しては社会貢献への考え方、基礎を重んじ一生涯勉強という姿勢が偉業を成し遂げ、偉人と呼ばれる所以になったのだろう。

精神、心構えに関する名言集

終始一貫。

北里柴三郎


熱と誠があれば、

何事でも達成する。

北里柴三郎


事を処してパイオニアたれ。

北里柴三郎


不撓不屈の精神を貫け。

北里柴三郎


いくら志だけがあっても、
学力を伴わない者が
世間で信用されることはありません。

北里柴三郎


若し行き詰まったものがあるならば、
これは熱と誠がないからである。

北里柴三郎


君、人に熱と誠があれば何事でも達成するよ。

北里柴三郎

国家、国民に関する名言集

日本は開国して日も浅く、
何ひとつ欧米諸国に肩を並べられるものがない。

世界的に評価される学者も出ていない。
だから、私が世界的な学者になるのだ

北里柴三郎


他の領域まで侵入しまして農業、水産、工業など
その他にも我が微生物の研究を応用して
国家、社会に貢献したい考えであります。

北里柴三郎


細菌学者は、国民にとっての命の杖とならねばならない。

北里柴三郎


よく世の中が行き詰まったと云う人があるが、
是は大いなる誤解である。

世の中は決して行き詰まらぬ。

北里柴三郎


研究だけをやっていたのではダメだ。

それをどうやって世の中に役立てるかを考えよ。

北里柴三郎

医学、医者に関する名言集

北里研究所の事業も世界規模での医学発展において、
医学あるいは衛生学のみならず。

北里柴三郎


これだ、ついに発見したぞ、ペストだ。

北里柴三郎


医者の使命は病気を予防することにある。

北里柴三郎


医学また学ぶに値する。

北里柴三郎


医者と坊主は、
手足を備えた一人前の人間の為
すべき業ではありません。

北里柴三郎


脚気とは無関係である。

北里柴三郎

学問に関する名言集

基礎とは生涯を通じての勉強。

北里柴三郎


偉業を成そうと思うなら、
その基礎をしっかり固めなさい。

北里柴三郎

-政府・政治
-,

Copyright© 令和時代お役立ち情報まとめ , 2020 All Rights Reserved.