東京オリンピック

聖火リレールート徳島県情報 日程は2020年4月16日(木)~4月17日(金)

聖火リレールート徳島県情報・東京2020オリンピック

徳島県の東京オリンピック聖火リレールート(聖火リレーコース)と日程をまとめてご紹介します。

東京オリンピック聖火リレーは走る人だけではなく、みんなが参加できる聖火リレーです。徳島県にゆかりのある方は、“桜デザインのトーチ”を掲げて走る徳島県聖火ランナーを沿道から応援したり、各地域で行われるイベントに参加して東京オリンピックを盛り上げましょう!

徳島県の聖火リレー日程

2020年4月16日(木)~4月17日(金)

徳島県の聖火リレールート地図


出典:東京2020オリンピック

1日目は赤色で塗られている市区町村で聖火ランナーが走り、2日目は茶色で塗られている市区町村で聖火ランナーが走ります。

マークはセレブレーション会場の地点を指しています。
・鳴門市 鳴門ウチノ海総合公園 公園西側の広場
・徳島市 アスティとくしま

徳島県の聖火リレールート・日程1日目/4月16日(木)

三好市・東みよし町
つるぎ町・美馬市
神山町
阿波市・吉野川市
石井町・上板町
板野町・藍住町
北島町・松茂町
鳴門市

【セレブレーション会場】
鳴門市 鳴門ウチノ海総合公園 公園西側の広場

徳島県の聖火リレールート・日程2日目/4月17日(金)

海陽町
牟岐町
美波町
那賀町
上勝町
阿南市・小松島市
勝浦町
佐那河内村
徳島市

【セレブレーション会場】
徳島市 アスティとくしま

徳島県の聖火リレールート見所スポット

1日目は県西部の三好市・東みよし町を出発し、四国三郎・吉野川を眺めつつ、渦潮で有名な鳴門市に到着します。2日目は県南部の海陽町を出発し、海や山の豊かな自然を感じながら、阿波おどりの本場、徳島市に到着します。両日とも華やかな「あわ文化」で彩るセレブレーションを実施します。

「橋の博物館」吉野川に架かる橋々や、約3万体の雛人形を飾る「阿波勝浦ビッグひな祭り」の会場である勝浦町人形文化交流館などがみどころです。

東京2020オリンピック

聖火ランナーになりたい方へ(応募方法は5通り)

[blogcard url=”https://reiwa-age.jp/sports/tokyo-olympics/torch-runner/"]

聖火リレーセレブレーションとは

セレブレーション会場
ロンドン2012大会セレブレーション

セレブレーションとは祝う会や祝賀会を意味します。各日最終聖火ランナー到着時に聖火到着をお祝いするイベントです。各日の最終地域でセレブレーションが行われ、セレブレーション会場では、様々なステージプログラムの披露やパートナーの展示ブースのほか、一日の最終聖火ランナーがセレブレーション会場に登場して聖火を聖火皿に灯すセレモニーが行われます。その他、各地域や場所によって出発式・特殊区間・ミニセレブレーションが開催され、聖火リレーを盛り上げます。

【出発式】
各日の始めに行われます。地域文化の演目披露等の後、聖火をトーチに点火し最初のランナーを送り出すセレモニーです。

【特殊区間】
地域の歴史的・文化的な魅力を発信できる場所で、通常の隊列を伴わず聖火リレーを実施することが可能とされている区間です。

【ミニセレブレーション】
区間の途中で行われます。地域文化の演目披露等の後、聖火をトーチに点火又は聖火を格納するセレモニーです。

【セレブレーション】
各日の最後に行われます。最終ランナーの到着を祝い、1日の聖火リレーの終わりを告げるセレモニーです。

聖火リレーコンセプト映像

聖火リレートーチ映像

聖火リレー公式アンバサダー映像

【東京2020聖火リレー公式アンバサダー】
・野村忠宏さん(オリンピアン/柔道)
・田口亜希さん(パラリンピアン/射撃)
・石原さとみさん
・サンドウィッチマン

関連サイト(徳島県)

徳島県ホームページ

徳島県観光情報サイト阿波ナビ

徳島県聖火リレー1964 再現プロジェクト

-東京オリンピック
-, ,

Copyright© 令和時代お役立ち情報まとめ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.