東京オリンピック

聖火リレールート宮崎県情報 日程は2021年4月25日(日)~4月26日(月)

16聖火リレールート情報宮崎県

※掲載している情報は今後変更になる可能性があります。

宮崎県の東京オリンピック聖火リレールート(聖火リレーコース)と日程をまとめてご紹介します。

東京オリンピック聖火リレーは走る人だけではなく、みんなが参加できる聖火リレーです。宮崎県にゆかりのある方は、“桜デザインのトーチ”を掲げて走る宮崎県聖火ランナーを沿道から応援したり、各地域で行われるイベントに参加して東京オリンピックを盛り上げましょう!

宮崎県の現地で応援される際は、新型コロナウイルス感染症対策ガイドラインを遵守し、東京2020聖火リレーを成功させましょう。

宮崎県の聖火リレー日程

2021年4月25日(日)~4月26日(月)

宮崎県の聖火リレールート地図

出典:東京2020オリンピック

4月25日(日)
4月26日(月)

宮崎県の聖火リレールート・日程1日目/4月25日(日)

1日目/4月25日(日)
高千穂町→延岡市→日向市→高鍋町→西都市→宮崎市

セレブレーション会場:宮崎市 宮崎県庁

宮崎県の聖火リレールート・日程2日目/4月26日(月)

2日目/4月26日(月)
宮崎市→日南市→串間市→三股町→都城市→小林市→えびの市

セレブレーション会場:えびの市 コカ・コーラ ボトラーズジャパン(株) グリーンパークえびの

宮崎県の聖火リレールート見所スポット

宮崎県の聖火リレーは、県北部の高千穂町から出発し、太平洋の海際に建つ大御神社を有する日向市などを巡りながら県中央部に向けて進み、宮崎市で1日目のセレブレーションを実施します。2日目は、宮崎市から出発したあと県南西部を訪れ、えびの市でセレブレーションを実施します。

みどころは、高千穂郷八十八社の総社で1900年前に創建された高千穂神社や、亜熱帯性植物が多く茂り、奇岩「鬼の洗濯板」に囲まれた宮崎市の青島、「九州の小京都」と呼ばれ、江戸時代を彷彿させる町並みが楽しめる日南市の飫肥城下町などです。

出典:東京2020オリンピック

聖火リレーセレブレーションとは

セレブレーション会場
ロンドン2012大会セレブレーション

セレブレーションとは祝う会や祝賀会を意味します。各日最終聖火ランナー到着時に聖火到着をお祝いするイベントです。各日の最終地域でセレブレーションが行われ、セレブレーション会場では、様々なステージプログラムの披露やパートナーの展示ブースのほか、一日の最終聖火ランナーがセレブレーション会場に登場して聖火を聖火皿に灯すセレモニーが行われます。その他、各地域や場所によって出発式・特殊区間・ミニセレブレーションが開催され、聖火リレーを盛り上げます。

【出発式】
各日の始めに行われます。地域文化の演目披露等の後、聖火をトーチに点火し最初のランナーを送り出すセレモニーです。

【特殊区間】
地域の歴史的・文化的な魅力を発信できる場所で、通常の隊列を伴わず聖火リレーを実施することが可能とされている区間です。

【ミニセレブレーション】
区間の途中で行われます。地域文化の演目披露等の後、聖火をトーチに点火又は聖火を格納するセレモニーです。

【セレブレーション】
各日の最後に行われます。最終ランナーの到着を祝い、1日の聖火リレーの終わりを告げるセレモニーです。

聖火リレーコンセプト映像

聖火リレートーチ映像

聖火リレー公式アンバサダー映像

東京2020聖火リレー公式アンバサダー

  • 野村忠宏さん(オリンピアン/柔道)
  • 田口亜希さん(パラリンピアン/射撃)
  • 石原さとみさん
  • サンドウィッチマンさん

聖火ランナーを辞退した有名人・著名人一覧

公式アンバサダー・聖火ランナー石原さとみさん
【2021】聖火リレーランナーを辞退した芸能人・有名人と参加スケジュール一覧

2021年3月25日、いよいよ聖火リレー出発式典が福島県のサッカー施設『Jヴィレッジ』で開催されます。公式アンバサダーを務める女優の石原さとみさん、お笑いコンビ・サンドウィッチマン、柔道でオリンピック ...

続きを見る

新型コロナウイルス感染症対策を実施項目

  1. 3密(密閉・密集・密接)の回避
  2. 飛沫感染・接触感染防止
  3. 殺菌・消毒の徹底
  4. 現地観覧の制限・リモート視聴のご案内
  5. 体調管理・確認の徹底
  6. 陽性者・体調不良者発生時の迅速な対処
  7. 広報・周知の徹底

-東京オリンピック
-,

© 2021 令和時代お役立ち情報まとめ